歴史が浅いが需要が高まる職業

結婚式の人形

ブライダルプランナーの検定を受ける際には、受験料が発生し、1万円から1万5000円ぐらいの価格で受けられる資格などがあります。
価格の傾向としては、プランナーとしての資格ランクが上がる程、受験料自体も高額になる傾向がある為、この2つの試験を受けたいのであれば、総合で2万5000円ぐらいはかかるというような考え方で間違いないでしょう。
尚、これは、受験料のみの価格であり、その前に勉強を行うスクールなどに通う金額などは含まれていないので、スクールなどに通う場合には、受験料とスクールなどで使用する受講料とは別だという事について認識しておく必要があります。
受講料は各スクールによって異なるので、事前に多くのスクールと比較しておくと良いです。

ブライダルプランナーの歴史その物は浅く、職業として確立してから10数年程度しか経過していませんが、挙式の仕来りは存在している状態で、日本では明治時代ぐらいに当時の皇太子の御成婚の際に神前式で行われたのが始まりです。
それまでの婚礼儀式は家庭婚と呼ばれる形式で、親戚を家に招いて行うという形式が一般的で、現在のように華やかな衣装などではなく、全て和装で行われていました。
大正時代からは料亭の一室や旅館などで婚礼を行う人が増加し、時代が昭和に移り変わってから結婚式場がオープンし、挙式スタイルなども多様化し、時代に伴って式場内なども変化し始めるようになり、1970年代に入ったところでブライダル産業は様々な工夫を行うようになり、プランナーが必要とされるようになりました。

ブライダルプランナーの検定には様々なものがあり、各資格によってどこで何をどの範囲でできるのかという事柄が異なるので、そうした事ができるという証明を得る為にはそれに伴った勉強を行う事が必要です。
スクールなども多く存在しており、専門の学校ではプランナーとして活躍する為に必要な知識を学ぶ事ができる場を提供している企業が多くあります。
その為、今後は試験を受ける為の場と、試験を受けなければ認められないとされる事柄が増える可能性が出てくるので、現在からプランナーとして活躍をしたい場合には、できるだけ多くの試験などを受けておくと、今後の就業などに有利になるので、多くの試験を受け、後で試験などが増えたとしても、不利になりづらい状況を作っておくと良いです。

オススメリンク

多数の業界団体が主催している

日本ではブライダルプランナーは民間団体が主催している資格です。
検定は一つの団体ではなく、複数の団体で主催していることは事実といえます。
しかし、日本で最も権威があるものとしては、海外でも通用する団体が主催しているもの...Read more

関連リンク

アーカイブ

カテゴリー